AGA対策はいかにジヒドロテストステロンを抑制するか?

男性特有の脱毛症といわれるAGAは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因です。
ジヒドロテストステロンは髪の毛の脱毛を命令し、髪の毛の成長を阻害する性質があります。
このジヒドロテストステロンは、もともとこの物質で体内に存在しているわけではありません。
テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体内で分泌されます。
このテストステロンが5αリダクターゼという酵素とくっつくことによって、ジヒドロテストステロンが生成されます。
よってAGA対策をするためには、ジヒドロテストステロンをいかに生成しないようにするかが一つポイントになってくるわけです。
そこで注目されている成分として、フィナステリドがあります。

もともとは前立せん肥大の治療目的で使用されていたフィナステリド

AGAクリニックでフィナステリドの処方されることは多いです。
しかしこのフィナステリド、元からAGA治療薬として開発されたものではありません。
もともとは前立せん肥大や前立腺がんを治療する目的で作られれました。
ところが患者にフィナステリドを投与してみたところ、患者に発毛が見られるようになって、AGA治療薬として使われるようになりました。
なぜフィナステリドを投与された患者に発毛が続々確認されたのか、それはフィナステリドには先ほど紹介した5αリダクターゼの働きを鈍くする作用があったためです。
5αリダクターゼの活動を鎮めることによって、ジヒドロテストステロンが生成しにくくなります。
その結果、髪の毛の成長を邪魔する存在がなくなってAGAの症状が改善するのではないかと考えられるようになったわけです。

フィナステリドはあくまでも脱毛を抑制する医薬品

AGA治療の現場で患者に対して、フィナステリドが処方されることは多いです。
このためAGA治療している人の中には、「フィナステリドを服用すれば髪の毛が生えてくる」と誤解している人も多いようです。
フィナステリドは先ほども紹介したように、ジヒドロテストステロンを生成しにくくする効果があります。
ですから髪の毛の発毛を促進するというよりも、これ以上脱毛してAGAの症状が進行しないように食い止めることが主目的の治療薬と思ったほうがいいです。
確かに上で紹介したようにフィナステリドを投与された患者の中には、髪の毛のボリュームが増えたという人もいます。
しかしこれは髪の毛の成長を抑制するジヒドロテストステロンがなくなって、正常に髪の毛が伸びるようになったためです。
髪の毛のボリュームはアップするかもしれませんが、フィナステリドだけでは髪の毛の本数を増やす、毛穴から一切生えていなかったところに発毛するといった効果が期待できないでしょう。
フィナステリドを使って、これ以上の抜け毛の発生を防ぎ、そのうえで育毛・発毛しやすい環境を整えていく必要があります。
フィナステリドと併用して、ミノキシジルや育毛剤も活用するのが正しいAGA対策になります。

AGAが進行中では育毛剤だけでは効果も半減

抜け毛が気になる、地肌が透けて見えるようになったという人の中には市販の育毛剤を使って対策している方もいるでしょう。
確かに何もしないよりは育毛剤などで対策したほうがいいかもしれません。
しかし育毛剤を使っているだけでは、AGAに対する効果も半減してしまいます。
AGAの大元になっている脱毛の進行を育毛剤だけでは食い止めることは難しいからです。
育毛・発毛対策を実践している人の中で、このジレンマに陥っている人は案外多いです。
つまり髪の毛を増やそう・生やそうという意識はあっても、これ以上髪の毛が抜けないようにしようという発想に欠けている傾向があるのです。
いくら髪の毛を増やすための対策をしても、肝心な脱毛症を抑制する対策もしていないと意味がなくなってしまいます。
穴の開いたバケツに水を入れても、どんどんバケツにできている穴から水が漏れていってしまいますね。
ですからいくら水を投入しても、バケツの中が水でいっぱいになることはありません。
脱毛対策をせずに育毛している人は、穴の開いたバケツに一生懸命水を入れているような状況です。
AGA対策をするためにはバケツに水を入れる前に、穴の開いている箇所を補修することが重要です。
この補修の役割を担っているのが、フィナステリドといえます。

フィナステリドに副作用はあるか?

フィナステリドは先にも紹介したように、もともと前立腺関係の疾患を治療するための医薬品として開発されました。
ですからフィナステリドには副作用の危険性もあるということを認識する必要があります。
おそらくAGAクリニックで医者から処方される場合には、副作用のリスクについても説明があるでしょう。
しかし例えば個人輸入で入手する場合には、そのようなこともよくわからずに服用してしまう事もありますから注意しなければなりません。
フィナステリドを治療に取り入れることで考えられる主な副作用として、男性機能の低下があります。
性欲が減退する、EDのような症状の現れることもあり得ます。
また頭痛や腹痛、胃のあたりにむかつきなどの不快感を得る人もいます。
フィナステリドは男性の脱毛症のための治療薬なので、薄毛に悩む女性が使ってもあまり効果は期待できないでしょう。
また妊娠している女性はフィナステリドを服用だけでなく、手に触れることすら厳禁とされています。
結婚している、彼女と同棲している方はフィナステリドをパートナーに絶対に触らないように伝えましょう。
胎児に副作用の出る恐れがあって、場合によっては子供に何らかの障害が出る可能性もあるためです。

フィナステリドを服用することで、脱毛の進行を食い止めることができます。
ただし服用してするに効果が現れない可能性があります。
人によって効果が実感できるまでにかかる期間は若干違いがあります。
しかし早い人でも3か月、かかる人だと1年程度かかるというケースも見られます。
効果がないどころか、人によってはフィナステリドを服用して脱毛が増えてしまうこともあります。
実はフィナステリドは初期脱毛を起こすことがあるのです。
ただし初期脱毛はあくまでも一過性のもので、しばらくすれば症状は落ち着いてくるはずです。
以上のような副作用があった場合、主治医に一度相談してみるといいでしょう。
症状の程度によっては薬の量を調整する、別の治療薬を使うといった対処をしてくれるかもしれません。

フィナステリドの用量はどのくらい?

フィナステリドの服用量について、医者から説明があるでしょう。
基本的には1日1mg摂取することです。
別にどのタイミングで飲まなければならないという決まりはありません。
しかし食後に服用するように心がけましょう。
もし1日1mgを超えて服用すると上で紹介したような副作用の生じる危険性は高まります。
中にはたくさんフィナステリドを服用したほうが効果も早く出るのでは、と思っている人もいるでしょう。
しかし1日1mgを超えて服用したところで効果に変化のないことは立証されています。
フィナステリドの中には、1錠が5mgのものも販売されています。
この場合には錠剤カッターを使って1mg分に分割して服用するようにしましょう。
カッターでカットする場合、フィナステリドの粉末が大気中に拡散する可能性があります。
近くに妊娠中の女性がいないか確認したうえで、作業を進めましょう。